<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TOEIC初受験の結果は…

テスト結果ネット表示の連絡が届いたので早速見てみると…。
スコアは想像通りの悲惨な結果でした(笑)。


    360


痛ましい...。
イギリス留学を胸に秘め、これからも精進します!
今月末も受験するので、目指せ40upで400!
そして、来年の1月も申し込みしたので、1月は500。
2月には550。3月には600…。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-11-14 22:03 | Aromatherapy

アロマテラピー検定

昨日、アロマテラピー検定1,2級併願受験してきました。

1級、98%で合格。
2級、100%で合格。

…の予定&希望(笑)。
1級は、分かって間違えたのが1つあったので…。
動物解剖に翻弄されて、間違えてしまいました(笑)。
何故かその時「これは引っかけだ!」って思ってしまい(^^;)☆ミ
ガレノスは、人間の解剖はしてないのですね。。。

総評は、全般に易しかったです。
1級に「精油を原液で使用する」という選択があり"適当でないものを選びなさい"の回答だったり…(これって2級範囲じゃない?!って思ってしまいましたが)。
そういえば、1級の香りサンプル配布途中でカンファーの香りが漂ってきて、開ける前から回答を確信...。

合否結果が楽しみです。
でも、あくまでもアロマテラピー検定は通過地点に過ぎないので、良いペースで走っている!という事で筆を置きます…。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-11-14 21:41 | Aromatherapy

ジャーマン・カモマイル 'German chamomile'

学名: Matricaria chamomilla
和名: カミツレ
分類: キク科/一年草
原産地: ヨーロッパ、西アジア

お茶、ポプリ、入浴剤、口内炎、安眠
消化促進、食べ過ぎ、風邪のひき始め
ヘアリンス、ローション...etc

・「植物のお医者さん」としても活躍!
 カモマイルが近くにある植物は元気になると言われています。

多種あるカモマイルの中、1番メジャーなのがジャーマンとローマン。
ハーブ(ティー)として利用するにはジャーマンがポピュラー。ローマンは、苦みがちょっと強い。
精油の利用となると…体のケアにはジャーマン、心のケアにはローマンが合っているといわれています。

見分け方は、黄色の花床部がポコッと盛り上がっているのがジャーマンで、平らなのがローマン。因に、ジャーマンの花床内部は空洞です。

e0083042_2104876.jpg

[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-11-14 21:14 | Herbs

ローマン・カモマイル 'Roman chamomile'

学名   : Anthemis nobilis
科名   : キク科

産地一例 :
ドイツ、フランス、モロッコ、南アフリカ、イギリスetc... 

抽出部位  : 花
抽出方法  : 水蒸気蒸留法

主要成分 :
アンゲリカ酸エステル(鎮痛)、カマズレン(抗炎症)
アズレン(抗炎症)etc...

香 : リンゴを思わせる香り

心 : 催眠、鎮静(子供のかんしゃく)

体 :
抗炎症、鎮痛(生理痛、PMS、歯痛)、強壮、抗けいれん
抗アレルギー(湿疹、じんましん)、通経、駆風、緩和、鎮けい


・ 「女性と子供の精油」とも呼ばれる程、作用は緩和。
・ 女性特有の様々な症状を緩和。


注)ジャーマン・カモマイルとの相違点

ローマン・カモマイル  〜  多年草
ジャーマン・カモマイル  〜  一年草

・ ジャーマン・カモマイルは、濃いブルーの精油
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-11-08 21:11 | Aromatherapy