カテゴリ:参考書籍( 4 )

お世話になっている書籍一覧

Aroma

「アロマテラピー検定テキスト1.2級」 (日本アロマ環境協会)*
「アロマテラピー・バイブル」  塩屋紹子監修 (成美堂出版)*
「エッセンシャル・オイルブック」 Susan Curtis著 (双葉社)*
「香りの薬効とその秘密」  山本芳邦著 (丸善)
「佐々木薫のアロマ生活①暮らし」 佐々木薫著 (池田書店)*
「佐々木薫のアロマ生活②美容」 佐々木薫著 (池田書店)*
「自然療法家のアロマテラピー」 Dr.Nelly Grosjean(BAB)*
「生活の木」 (エイ出版)*
「ハーブ&アロマ事典」   佐々木薫監修 (大泉書店)*
「ルーツofアロマテラピー」  高山林太朗著 (現代書林)*
「生命と若さの秘密」 Marguerite Maury著(メディアアート)*

医療&解剖学

「解剖学はおもしろい」  上野正彦著 (医学書院)*
「記憶力の科学」  小田晋監修 (はまの出版)*
「人体解剖ビジュアル」  松村譲兒著 (医学芸術社)*
「代替医療のすすめ」 渥美和彦/廣瀬輝夫共著 (日本医療企画)*
「トコトンやさしい 脳の本」  田中冨久子編著 (日刊工業)*


随時、更新。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-31 22:03 | 参考書籍

人体解剖ビジュアル 松村 譲児著(医学芸術社)

e0083042_23593364.jpg遂に買ってしまいました。
アロマ関係の、例えば検定テキストやアロマテラピー・バイブル。他、体に関連する書籍等、良くてカラーの簡略した解剖図が載ってますが、いつもいまいち不鮮明だったり分かりにくい図であったりします。この本、ちょっと前から目をつけてはいたのですが、今の私にここまでの解剖図が必要なのか?という気持ちもあり、尻込みをしていたのです。でも、いろいろな事を詳しく知りたい!という考えに枠は無い!と思い…。
大型本なので、余裕を持って見る事が出来る。解剖写真ではなくて、フルカラーのイラストによる解剖図で分かり易い。難しい事は全然分からずイラストばかりを見ていますが、今の私にとってはそれだけでも価値があります。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-22 00:15 | 参考書籍

「代替医療のすすめ」 渥美和彦&廣瀬輝夫対談録(日本医療企画)

e0083042_2213357.jpgつい最近読み終えた本。未だ、頭の中で私なりに整理が出来ていないので、詳しい内容については、割愛。でも…気になるニュースを見てフト思い出した事があったので載せました。

臓器移植意思表示カード、死後の連絡1千件超す

この本の中で「脳死臓器移植はどんなに努力しても日本では1年に300例以上は絶対に出来ない」と、廣瀬先生はおっしゃっています。施行された最初の年も10例出来なかった。廣瀬先生ご自身が脳死臓器移植に反対されている方で、そういった高度先端医療に大きなお金を使うよりも、老人医療のQOL(Quality of Life)を良くする為に使った方が良い、と。
なるほど(@_@*)。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-18 22:01 | 参考書籍

「解剖学はおもしろい」 上野正彦著(医学書院)

e0083042_22746.jpgベストセラー、「死体は語る」・「死体は生きている」の著者の内、1冊。監察医を長年された著者が、法医学を基に数々の殺人事件や事故の症例・体験事例を交えながら解剖学について分かり易く書いてます。

人間の身体って、健康である事って素晴らしい!と。いろいろな事例を読むにつけ、人間の体って素直なんだな〜と実感している私。アロマテラピーも解剖学とは無縁ではありませんから…。ただ体の器官を覚えたりするだけではなく、いろいろな角度から情報を得ていく方が理解も深まるので。そんな私の目に留まった1冊です。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-12 21:46 | 参考書籍