カテゴリ:Aromatherapy( 15 )

マークシート用鉛筆

今はイイものがあるのですね〜。
今日、文房具店で"マークシート用鉛筆"というものを発見しました。明日、TOEICを受験するので買ってみたところ…確かに、普通のHBよりも適度な柔らかさを兼ね備えながら、濃さはHBって感じです。消しやすいかも。アロマ検定でも使えますね、コレ。

今回のTOEIC受験は、自己啓発の為の初受験。これからも定期的に受験予定。今迄、海外旅行でなんとか楽しめてる程度の英会話力から〜「イギリスへ留学する!」と豪語したものだから、英語の勉強はイバラの道。資金よりも、アロマの知識よりも、先ずは英語が出来ないと!...。今迄培ってきた日本語というツールでアロマの勉強もしながら、英語をできるだけ最優先課題。

目標は、TOEIC 600。
ここまできたら、本格的に留学を計画しようかと。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-22 22:45 | Aromatherapy

レモングラス 'Lemongrass'

英名   : Lemongrass
学名   : Cymbopogon citratus(西インド型)
       Cymbopogon flexuosus(東インド型)
科名   : イネ科
原産国   : インド

抽出部位   : 葉
抽出方法   : 水蒸気蒸留法

主要成分   :
     西インド型/ シトラール、ミルセン、メチルヘプテノン
     東インド型/ シトラール、メチルヘプテノン、ネロール
     ゲラニオール

香   : フレッシュで甘い、レモンと草の香
色   : 薄い黄色、琥珀色

心   : 鎮静作用
身体   : 強壮作用・殺菌作用・消化器系強壮・鎮痛作用

・シトラール成分により、虫に対し「忌避効果」有り。

---------------------------------------------------

e0083042_22365539.jpg写真は…実家からゴソッと貰ってきたもの。最近、夕食後にレモングラスティーを飲むのが日課になっているので(消化促進作用・疲労回復作用有り)。
本当にレモンに似た良い香り!不思議ですよね、こういう葉からレモンのような香りだなんて。
ただ、生の葉を触る時はガサガサな肌触りに気をつけないと指切りそうです。今迄、何度痛い思いをしている事か(><;)。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-09 22:40 | Aromatherapy

パルマローザ

英名   : Palmarosa
学名   : Cymbopogon martinii
科名   : イネ科
原産国   : インド

抽出部位   :葉
抽出方法   :水蒸気蒸留法、水中蒸留法

主要成分   :ゲラニオール、酢酸ゲラニル、リナロール、カリオフィレン、ファネソール
(含有率、降順。今回購入した精油の成分分析表より)

香   : フローラル系
色   : 薄い黄色、緑色

心   : 鎮静作用・高揚作用・催淫作用
身体   : 強壮作用(対、消化器系)・細胞成長促進作用


---------------------------------------------------
今回、母へ某理由にてパルマローザをプレゼントしました。パルマローザの心理効果に於いて、現時点での母にとって特に有効かな〜と思えた内容があったので…。香りも気に入ってくれたので良かった。私評は「甘い香料の入った紅茶に似た香り」です。

母の家では、11歳の柴犬(♂)を室内犬として飼っているのですが、遊び半分、試しに鼻に近づけてみたのです。
そしたら…なんと!うっとりとした表情をし、ペロペロ舌なめずりを始めたのです!!これには、本当にビックリしました!!!
精油を嗅がせた事は初めてなのですが、まさかそんな行動に出るとは思いもよらず"{゚o゚"}"。柴犬に、パルマローザをキャリアオイルで希釈してマッサージしても大丈夫なのか専門的には未だ分かりませんが、嫌がらないという事で大丈夫なのかな?!でも、舌なめずりをしたという事は、オイルがついた毛を舐めて、飲食してしまう=好ましく無い?!
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-08 22:36 | Aromatherapy

イギリス留学

カーペンターズで英語を覚えた私は『英語耳』の証人?

アロマの勉強の先に、イギリス留学の計画があります。来年…遅くても再来年迄には実現予定なのですが、英語力が全然未だ無いのです。
目下、「英会話絶対音読」シリーズを使って毎日勉強しています。
exciteのtopページに載っていた「ICELANDia」さんの話。かなり興味を持ったので、並行して勉強していこうかと。
カーペンターズ大好きなので♪
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-09-28 22:53 | Aromatherapy

avicenna

何故、URLが"avicenna"?!

「イブン・シーナ」という哲学者のラテン名が"avicenna(アビセンナ)"。現在のアロマテラピーの原形を築いたと言われる人。から、頂きました。

哲学者として:
 「現存するものは全て必然的である」という存在論。

医学者として:
 『医学典範』(カノン)を著わす。
 精油の蒸留法を確立し、医学へ応用。


「現存するものは全て必然的である」って…。私流に言う「物事には必ず理由がある」って事と同じかな〜?!イブン・シーナを身近に感じる。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-09-27 22:33 | Aromatherapy