「代替医療のすすめ」 渥美和彦&廣瀬輝夫対談録(日本医療企画)

e0083042_2213357.jpgつい最近読み終えた本。未だ、頭の中で私なりに整理が出来ていないので、詳しい内容については、割愛。でも…気になるニュースを見てフト思い出した事があったので載せました。

臓器移植意思表示カード、死後の連絡1千件超す

この本の中で「脳死臓器移植はどんなに努力しても日本では1年に300例以上は絶対に出来ない」と、廣瀬先生はおっしゃっています。施行された最初の年も10例出来なかった。廣瀬先生ご自身が脳死臓器移植に反対されている方で、そういった高度先端医療に大きなお金を使うよりも、老人医療のQOL(Quality of Life)を良くする為に使った方が良い、と。
なるほど(@_@*)。
[PR]
by queen_rosmarinus | 2005-10-18 22:01 | 参考書籍
<< Chamomile Tea 「解剖学はおもしろい」 上野正... >>